住宅環境を考えてみる【エコな暮らしを始める】

物件を把握

マンション

建物というのは年を重ねるに連れて様々な部分が劣化し始めるので、定期的な修繕工事が必要になります。リフォーム、建て直しなど色々と方法はありますが、中には再建設不可の物件も出てきます。

Read more...

法律を知る

下から見上げるマンション

建物の中には再構築不可の物件があります。これは法律上決められている事ではありますが、修繕で新築同様にする事は法律上可能です。メリットとなる部分と注意するべき部分があるので、再構築不可の物件を購入する際は注意が必要です。

Read more...

メリットを知る

スーツ姿の女性

再構築物件の購入は、メリットとなる部分もありますが、注意するべき部分も多々あります。価格は安いという事で簡単に購入してしまうと、後々トラブルを引き起こす可能性があるので、きちんと理解した上で購入する必要があります。

Read more...

賢く暮らす

広い部屋

日本にはデマンド契約という電気料金の体系があります。30分間に使用した電力(デマンド)を計測し、一定期間内で最も多かったデマンドを契約電力とする仕組みです。最大デマンドが大きければ、それだけ基本料金が高くなります。そこで電気料金節約のため、最大デマンドを制限するのがデマンドコントロールシステムです。 デマンドコントロールは工場や店舗で使用される電力を監視し、一定の値を超えると警報を鳴らしたり、自動的に電気機器の運転を止めたりします。電気の使用量を人間がチェックしなくてよいため、省力化にも貢献します。毎年のように電力不足が予想され、いっそうの省エネが求められる現在、デマンドコントロールの意義はより大きくなっていくでしょう。

デマンドコントロールシステムでは、管理する電気機器に優先順位をつけ、順位の低いものから運転を制限していくのが一般的です。しかし自動的に運転を止められると、業務に支障をきたす場合がないとは言えません。たとえば店舗の空調が切れてしまうと、顧客からクレームが出る可能性も考えられます。ですからデマンドコントロールを導入するなら、システムの設計には十分に注意を払い、過度の節電による不都合が起こらないようにする必要があります。 またデマンドコントロールで電力使用量の平準化は期待できますが、使用量全体を減らすことは別の問題です。ピーク時以外の省エネは自動的には達成できないため、使用者が常に意識することが大切です。