住宅環境を考えてみる【エコな暮らしを始める】

物件を把握

マンション

再建築不可の物件というものがありますが、これは一体どんな物件でしょうか。再建築不可の物件は道路幅が2メートル未満の場合は再建築できないという決まりです。これにより、一度家を壊して建て直すということが不可能になります。それゆえ再建築不可の物件の価格は安くなっています。ただ、再建築不可の物件でもよいと言うふとにとっては割と安価で買える点で魅力的です。テレビで有名になったリノベーションですが、再建築不可の物件は立て直しができないだけで、リノベーションは可能なのです。(リフォームも可能です) リノベーションで柱だけ残して建て直す方法であれば、理屈の上では建築基準法に違反しないのです。これがギリギリ法に触れない方法なのです。

再建築不可物件はその言葉の通り再建築が不可能ですが、そもそもなぜ再建築不可の物件が存在するのでしょうか。 遡れば、かつては建築基準法にはそのような規定はありませんでしたが、法律改正によって建物が公道と2メートル以上接していないといけないと言う決まりになりました。その理由は火事が起きた場合に消防自動車が進入できずに延焼するおそれがあるからです。そのため、建て替えができないため物件その物の価値が下がってしまっています。 それでも安ければ再建築不可の物件に住みたいと言う人もいますが、万が一火事で全焼してしまった場合、その土地には家を建てられないため利用価値の少ない更地を持っていなければならなくなるのです。ただ、将来的にはもう少し制限が緩くなるかもしれません。