住宅環境を考えてみる【エコな暮らしを始める】

メリットを知る

スーツ姿の女性

不動産関連の情報誌やサイトなどを見ていると、時折物件の詳細を説明している項目の中に「再建築不可」と記載されているのを目にすることがあります。このような物件のことを再建築不可物件といいます。 再建築不可物件とは、その土地に住宅を建てた当時は法律上何の問題もなかったが、その後の法律改正などによって住宅用地としては利用できなくなってしまった物件のことをいいます。もっとも多いのは接道義務を満たしていないというもので、現行法では道路に2メートル以上接していない土地には家を建てることができないことになっています。 つまり利用方法が極めて限定された土地であるということになります。しかしその分価格も非常に安いため、使い方次第ではその安さをメリットにすることも可能です。

では再建築不可物件には具体的にどのような使い方があるのかというと、1つはもちろん住宅用です。住宅を建ててはいけないというのはあくまでも将来の話であって、すでに建っている住宅についてはそのまま利用できます。ですから購入価格が安くて済んだ分、リフォームに費用をかければ今後も住居として使用することが可能です。 また、賃貸に供するという利用法もあります。初期投資が低額であることは、家賃設定に有利となります。 このように限定的ではあるもののメリットもあるので、再建築不可物件には一定の需要があります。そのため現に物件を所有している人も、どうせ売れないものと諦めてしまわず、不動産業者に相談すれば買い手が見つかる可能性があります。最近では再建築不可物件を専門に扱う業者も登場してきています。